誰もが知りたい!探偵に依頼した場合の≪人探し費用≫

人探し・家出人調査の現状と調査費用


警察発表によると捜索願が提出された人数は多く、毎年数万人が行方不明者となっています。捜索願が提出された人数なので、実際の数字はこれよりさらに多く、10万人以上になるとも言われています。

警察も全ての家出人・行方不明者を捜索して、見つけるには至っていません。そこでもう一つの捜索方法として探偵が考えられます。調査を依頼した経験もなく不安だと思います。ですが手遅れにならないために、興信所を頼ることも考えてはいかかでしょうか。

当サイトでは多くの方が不安に思う、費用を内訳を紹介したいと思います。

人探し費用のウラ側とは?費用の内訳を公開!


時間と費用は比例

探偵事務所の調査は、拘束時間で決まることが多いです。拘束時間・日数が多ければ多いほど費用も増します。人探しにおいて費用を軽減するなら、行方不明者の情報(出身地、よく行っていた場所、趣味嗜好など)がある分だけ調査がしやすくなります。

調査員の人数

調査員の人数も、多ければ多いほど費用がかかります。なので興味をもった探偵事務所に、相談・見積もりをしてもらいましょう。その時に、調査員何名で対応するのかチェックしてください。数社に申し込めば、比較も出来て分かりやすいでしょう。

追加料金

信用できない悪徳業者のなかには、調査後にオプションの費用などと言い分を付けて、追加料金を請求してくるところもあります。調査前に依頼者に相談するのが一般的です。相談・見積もりの際に、追加料金についても質問をぶつけてみましょう。



低価格を前面に出している探偵には要注意!

低価格を前面に出している探偵事務所は、基本料金のみの費用、調査員1名の費用、オプション追加前の費用、を広告に載せている可能性があります。100%や確実であると広告に載せている探偵事務所にも注意が必要です。
安いからと言ってすぐに飛びつかず、表示されている費用のウラ側を考えることが賢い選択です。

多数の人探し・家出人調査実績があるのは【原一探偵事務所】


人探しの実績も多数の原一探偵事務所。創業以来80,000件以上の調査実績があります。

テレビ朝日「テレビのチカラ」、TBSテレビ「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」などのテレビ番組に協力しています。探偵業としての規模は大きく、社員数は日本一です。埼玉本社と支社の9拠点を中心に全国各地で調査可能です。

浮気調査・素行調査・嫌がらせ調査・盗聴器発見など調査項目は多岐に渡っています。人探しは、家族・友人・知人・恩人・金銭の貸し借りの相手・トラブルの相手などが対象です。依頼内容に違法性がなければ調査可能です。

無料で電話・メールからの相談を受け付けています。さらに見積もりまでの費用は一切かかりません。相談・見積もりを利用したからと言って、無理に契約する必要もありません。
所在地 支社 料金設定 お客様窓口
【本社】
埼玉県川越市上寺山2-1
東京・千葉・神奈川・札幌
・仙台・名古屋・大阪・福岡
調査料金80,000円から/1日
基本料金40,000円から
無料相談あり

行き先のあてがある HAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」